Stay Gold

生きること。それは日々を告白していくことだろう。

秋にかけて聴く曲

今年も夏が終わった。

僕の住む東北地方では、最近朝晩が肌寒い。

東北地方は今の時季から12月にかけてが一年のうちで一番いい時季だと思う。ちなみに二番目は新緑の季節、5月だ。

東北の秋は心地いい。少し肌寒い空気が、心と体を落ち着かせる。

うまく説明できなくて申し訳ないのだが、なんというか東北地方の街並の雰囲気が「すこし寒い感じ」にマッチするようできている気がするのだ。西日本からやってきた人には、その感じは寂しげに映るかもしれない。「松尾芭蕉が『おくのほそ道』を書き上げたくなるような雰囲気」、と言ったら、あまりに乱暴だろうか。うまく説明できないがそんなかんじなのだ。

 

夏の終わりから秋にかけて聴きたくなる曲を紹介しよう。

言わずとしれた森山直太朗の曲。


森山直太朗 - 夏の終わり

 

初めて聴いた時、小田和正らしくないメロディが印象的だった「秋の気配」。小田和正は基本的に秋が似合うね。

 


秋の気配 オフコース

 

ジャクソン・ブラウンアコースティックギター&ピアノ弾き語りはしっとりと秋に聴くのが似合う。


Jackson Browne - Solo Acoustic Live ( CD 1 & 2 ) HQ Audio