僕らの行く道

若者の若者による若者のためのブログ

140文字でわかる哲学史

真理とは世界を観察し論理を導いていけば必ずみつかるものだと考えた人類。しかし、観察では全てを知ることは出来ず、さらには最大の道具である論理そのものの脆弱性を知ることとなった。真理探求の限界と不毛さを知った結果、真理は相対化し、現代ではひたすら「他者」との闘いが繰り返されている。

 

※上の内容は以下の文献から多大なる影響を受けて書いています。

 

史上最強の哲学入門 (河出文庫)

史上最強の哲学入門 (河出文庫)