僕らの行く道

若者の若者による若者のためのブログ

作家の書く文章 / 朝日新聞寄稿(2016.1.8) 中村文則【雑感】

 これは作家の文章だと思った。ロジック、主張の説得力などは必要ない。この文章には人の心に入り、人を動かす力がある。学者が書くような論理の正確さだけを追い求めて読みづらくなった文章を書く必要はないのだ。周囲に迎合せず、曇りのない眼でみて感じたことを書けばいい。作家は確立されたシステムに風穴を開ける存在なのだ。